フリーランスとして向いている人とは?

ここでは、フリーランスでデザインの仕事をするメリット・デメリットを紹介していきます。

TOP > WEBデザイナーになるためのミニ知識 > フリーランスになるには?

フリーランスになるには?

フリーランスになるには?

ウェブデザイナーになるために、事前に知っておいて欲しい情報をいくつかピックアップして紹介しています。ここではフリーランス(独立…SOHO・在宅など)について解説。
ウェブデザイナーの仕事は、独立してフリーランスという道もあります。そこから法人化して会社を立ち上げる人もいますし、SOHO同士でチームを組んで仕事を回している人たちもいます。
通勤のない在宅での仕事、いいですよね。でもSOHOには向いている人とそうでない人がいます。私もいつか独立してSOHOで仕事をしたいとも思いますが、営業から経理まで一人で全部をこなす必要がありリスクも伴います。正社員のメリットもあるので、そのあたりはじっくり検討です。

フリーランスになるメリット

SOHOのメリットは、まず時間の自由さだと思います。
仕事は案件単位の請負ですので、納期が決まっています。その納期とクオリティを守りさえすれば、いつ仕事をしてもいいのがフリーランスです。午前中はジムに行って、今日は午後から仕事なんてことも。そして在宅で仕事をすれば当然、通勤時間がかかりません。1日往復2時間、年間480時間です。これを仕事や自分の時間に充てられるのは魅力ですね。
Webの仕事はネットさえつながればできるので在宅も可能な訳ですが、最近ではIT関連企業のコーディング部門が地方へ移転しているという記事をよく見ます。四国の山奥で川のせせらぎを聞きながら、囲炉裏を囲みながら…なんて理想ですね。SOHOは場所を選ばないというのも魅力ですね。
独立するメリットは、人間関係からの解放があります。
企業で働くと打ち合わせ、質問、報告など細かなコミュニケーションが必要です。同僚と自分を比較して落ち込むことや、パワハラやセクハラを経験するかも知れません。ひっきりなしに鳴る電話の音。これからも開放されます。コツコツと仕事に集中したい人に、SOHOは大きなメリットがあります。
仕事を選べるのも独立するよさです。内容、単価、納期など、納得いく仕事を選べるので、「やらされている感」というのは感じないと思います。

向いているのはこんなタイプ

独立するにはそれを裏付ける実績とスキルが必要ですが、それだけでなく性格の向き不向きがあります。ここでは、どんな人がSOHOに向いているのかを挙げてみます。

セルフマネジメントのできる人

目前に広げられた自由な時間。これをどう使うかは、本人のセルフマネジメント力によります。仕事で一番大切な納期を守ることです。「夏休みの宿題状態」になるタイプに独立は向いていません。

営業のできる人

仕事は天から降ってきません。正社員で働いていれば次々と仕事はまわってきますが、独立したら自分で営業しなければいけません。仕事の依頼を受けたら、工数と単価の交渉です。見積り作りはフリーランスの最重要タスクのひとつです。

普段から友達の多い人、または孤独が平気な人

SOHOの失敗談で「孤独が耐えられなかった」というのがあります。在宅で一日中誰とも話をしなかった、なんてことも。会社では仲間とワイワイ仕事ができます。一緒に飲んで帰る仲間もできるでしょう。ですから仕事以外の友達がいて気分転換できる関係がある、または孤独大歓迎!というタイプがSOHOには向いています。

新しい情報にアンテナを張っている人

SOHOでは、仕事を教えてくれる先輩や同僚がいません。Web関係の仕事は技術やデザインなどの流行りや傾向、新しい情報が次々と発信されてきます。市場のニーズも進化し続けています。この情報収集が苦にならない、というか好きでないと独立は難しいかも知れません。

お金の管理ができる人

会社ではお給料をもらいますが、SOHOは納品物の対価としてギャランティが支払われます。そこから年金、税金を払い、確定申告も自分でします。領収書を集めて帳簿もつけます。「独立したら何でも経費で落とせていいね~」と思うかも知れませんが、当然なんでも落とせる訳ではありません。会計には税務の知識も必要です。経理が苦手な人は会計士に外注できますが、もちろん報酬が発生します。
また将来50歳、60歳になったらどんな仕事をしていくのかというビジョンも必要です。

これからのウェブデザイナーに必要な能力
ジェネラリストを目指さなければ需要はない

将来的にフリーランスとして活躍することを視野に入れているのであれば、これからのウェブデザイナーはデザインの勉強だけをしていては駄目です。ウェブデザインに関する知識やスキルに精通することはもちろん大切ですが、それはもはや大前提。プラスアルファの部分が重要になってきます。 デザインしかできないウェブデザイナーは今後通用しなくなるでしょう。

なぜなら、ウェブ制作環境やウェブマーケティング手法の変化に伴って、ウェブ業界では職種ごとの境界線がどんどん曖昧になってきているからです。デザインの知識もSEOの知識もマーケティングの知識も、ウェブ制作に携わるすべての人にある程度備わっていないと、同じ方向を向いてウェブ制作を進めることは難しくなってきています。

また、ウェブサイトの役割が幅広くなり複雑化したことで、ウェブ制作の現場では従来よりも多くのコミュニケーションを必要とするようになりました。すると当然、一つのプロジェクトに関わる人数は限定した方がスピーディーですし、伝達ミスのリスクも低くなります。効率性の面からも、リスクマネジメントの点からも、一人が複数の役割をこなせる方が重宝されるというわけです。

特定の分野だけに精通したスペシャリストよりも、さまざまな分野のスキルを持ったジェネラリストになることを目指しましょう。

「ウェブサイト」に未来はあるか

もう一つ見落としてはならないのは、ウェブサイトの重要性が年々どんどん低下しているという点です。今でも企業や店舗が事業を成功に導くためには欠かせないものなのですが、コンテンツとしての重要性は以前ほど大きいものではなくなっています。

たとえば飲食店であれば、多くのユーザーは店舗の公式サイトを見るよりもまず食べログなどのグルメポータルサイトで情報を見ます。店舗側も、最新情報は公式サイトのコンテンツとしてではなく、FacebookやTwitterなどを通じて発信するケースが増えています。つまり近年のウェブサイトは、情報の玄関としての役割が大きく、サイト内のコンテンツそのものはあまり重要ではなくなっているのです。

この流れは、今後もより一層強くなっていくでしょう。現在は、ウェブサイトそのもののあり方が大きく変容しようとしている真っ最中なのです。もしかすると今後、現在と同じ意味での「ウェブデザイナー」という職業は存在しなくなるかもしれません。

未来を見据えるという意味でも、ウェブマーケティングやSEOの知識を身につけておくことが理想的です。

>>東京デザインプレックスで今必要とされているWebデザイナーを目指す!

オススメの記事

WEBディレクター
WEBディレクターに就・転職!短期間で即戦力を身につける!

PR 東京デザインプレックス研究所

プロアスリート
ウェブデザイン検定資格|WEBデザイナーに必要な資格って?
webデザイナー
WEBデザイナーの労働環境|気になる給料は?
そのほかにもWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル

PAGE TOP