「UIデザイナーやめとけ」はうそ。企業が本当に求めるクリエイティブな職業

UIデザイナーはやめておけ UIUXデザイナー

最近、ネットで「UIデザイナーやめとけ」という言葉をよく見かけるようになりましたね。でも、これって本当の話?実は、この言葉の裏には「サジェスト汚染」という現象が隠れているんです。サジェスト汚染っていうのは、たくさんの人が同じようなネガティブなキーワードで検索することで、検索エンジンが「これが人気のある話題なんだ」と勘違いしてしまうこと。つまり、SNSや口コミでちょっとした噂話を聞いて、好奇心から「UIデザイナー+ネガティブな言葉」で検索する人が増えると、検索エンジンもそれを真に受けちゃうわけです。

この記事では、そんな誤解をクリアにして、UIデザイナーという仕事が実際にはどれだけ価値があるか、どんなに企業から求められているかをお話しします。UIデザイナーの需要は日に日に増えていて、デジタルの世界ではもう手放せない存在なんですよ。この仕事の魅力や、UIデザイナーになるための具体的なステップについても、わかりやすく解説していきます。

UIデザイナーの現状:2024年の市場動向

フリーランス市場の動向

UI・UXデザイナーのフリーランスの平均単価 と 平均案件数 2024年6月時点

最新のデータを見ると、UIデザイナーのフリーランス市場は成長を続けています。特に2023年には、5月に1048件という例外的な案件数の増加が見られました。この5月の特異な増加が2023年全体の件数を大幅に押し上げていますが、それを除いた他の月は平均76件と比較的安定しています。

さらに、案件単価も年々上昇しており、UI/UXデザインの価値が市場で評価されていることを示しています。2024年のデータを見ても、6月の途中までの推定値を含めると、件数も単価も高い水準を維持しています。

これらのデータから分かるのは、UIデザイナーの需要がなくなるどころか、むしろ増加しているということです。フリーランスでのキャリアを考える際には、この成長トレンドを見逃すことはできません。UIデザインのスキルを磨き、市場のニーズに応えることで、安定した収入と充実したキャリアを築くことができるでしょう。

参考サイト:UI・UXデザイナーのフリーランス求人・案件 | フリーランスエンジニア募集

UIデザイナーの年収動向

UIデザイナーの年収・時給・給与(2024年4月)
UIデザイナーの仕事の平均年収は594万円/平均時給は1,202円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

2024年4月の最新データによると、UIデザイナーの平均年収は約598万円となり、1月の594万円から増加しています。月収も49万円から50万円に、初任給も22万円から23万円に上昇しています。また、派遣社員の平均時給も1,847円から1,898円に増加しています。

これらのデータを見ると、UIデザイナーの需要がしっかりと高まっているのがわかります。「UIデザイナー なくなる」という心配はありません。むしろ、市場での価値がどんどん上がっていることがわかります。

UIデザイナーの将来ってどうなるの?

デジタル広告市場がどんどん成長している今、WebデザイナーやUIデザイナーにとっては、これからがとってもチャンスの時期なんです。インターネット上での広告が増えると、企業は自社のウェブサイトやアプリをより魅力的に見せたいと思うようになります。そこで重要になるのが、UIデザイナーの役割です。

UIデザイナーは、使いやすくて見た目も素敵なデザインを作るのが得意。デジタル広告の増加は、UIデザイナーのスキルがより求められることを意味しています。つまり、これからUIデザイナーを目指す方にとっては、大きな可能性が広がっているんですよ。デジタル広告市場の成長は、UIデザイナーとしてのキャリアの道が拡がっている証拠なんです。

電通グループ、「世界の広告費成長率予測
  • 2023年の成長率:デジタル広告市場は2.7%の成長を遂げました。この成長は、デジタルメディアの利用が増加し、企業がオンライン広告により多くの投資を行っていることを示しています。
  • 2024年の成長率:さらに、2024年には市場が4.6%成長すると予測されています。これは、デジタル広告の重要性がさらに高まり、企業がデジタルプレゼンスを強化するための努力を倍加していることを意味します。

UIデザイナーの実際の業務内容

UIデザイナーの役割の深さ

UIデザイナーの仕事は、単に美しいデザインを作ることだけではありません。ユーザー体験を深く理解し、使いやすく機能的なインターフェースを設計することが求められます。このためには、美的センスだけでなく、ユーザーリサーチ、心理学、テクノロジーへの理解も必要です。

ユーザー中心のデザインプロセス

UIデザイナーの主な業務は、ユーザーが直感的に理解しやすいインターフェースを設計することです。これには、ユーザーニーズの分析、プロトタイピング、ユーザビリティテスト、フィードバックの収集と改善が含まれます。また、製品のビジョンやブランド戦略に沿ったデザインを行うため、技術チームやマーケティングチームとの連携も重要です。

デザインとテクノロジーの融合

現代のUIデザイナーには、デザインの知識と共にテクノロジーへの理解も求められます。新しいデザインツールの習得、プログラミング言語の基本知識、最新のテクノロジートレンドへの適応などが、より効果的なユーザーインターフェースを作り出すために重要です。

成功するUIデザイナーに必要なスキルと資質

創造性と美的センス

UIデザインは芸術と技術の融合です。成功するデザイナーには、優れた創造性と美的センスが不可欠です。これにより、魅力的で直感的に理解しやすいデザインを生み出すことができます。

テクニカルスキル

UIデザイナーには、デザインツール(Adobe Creative Suite、Sketch、Figmaなど)の熟練した使用能力が求められます。また、基本的なプログラミング知識(HTML、CSSなど)も有用です。これにより、技術チームとのコミュニケーションがスムーズになり、実装可能なデザインを作成できます。

ユーザーリサーチと分析能力

ユーザーのニーズと行動を理解するために、リサーチと分析のスキルが重要です。ユーザーテストの実施、データ分析、フィードバックの解釈を通じて、ユーザー中心のデザインを実現します。

コミュニケーションとチームワーク

UIデザイナーはしばしば、開発者、プロダクトマネージャー、マーケティングチームと協力します。効果的なコミュニケーション能力とチームワークは、プロジェクトの成功に不可欠です。

柔軟性と学習意欲

テクノロジーとトレンドは常に変化しています。柔軟性を持ち、新しい技術やトレンドに対応する学習意欲が、UIデザイナーには求められます。

このセクションでは、成功するUIデザイナーに必要なスキルセットと資質について掘り下げました。次のセクションでは、UIデザイナーを目指す人へのアドバイスや学習リソースについて紹介します。

UIデザイナーを目指す人へのアドバイス

UIデザイナーになるための道は多様で、未経験からでも成功することが可能です。重要なのは、基礎から学び、実践的な経験を積むことです。

  • 基礎学習:デザインの基本原則、ツールの使用方法、ユーザーリサーチの技術など、基礎からしっかり学びましょう。
  • 実践経験:プロジェクトに参加する、ポートフォリオを作成するなど、実践を通じてスキルを磨きます。
  • ネットワーキング:業界のイベントやオンラインコミュニティに参加し、知識を深め、人脈を広げましょう。

さらに詳しい情報や実際の経験談は、「未経験からUIデザイナーになるには?デザインスクール卒業生が語る成功の秘訣」の記事で確認できます。この記事では、デザインスクールの卒業生がUIデザイナーとして成功するための具体的なアドバイスを提供しています。

UIデザインスクールの重要性と最終的な考察

UIデザイナーとしてのキャリアを成功させるためには、専門的な知識とスキルの習得が不可欠です。この点で、デザインスクールは非常に価値のある選択肢となります。

スクールで学ぶメリット

  • 体系的なカリキュラム:デザインスクールでは、UIデザインの基礎から応用まで、体系的に学ぶことができます。
  • 実践的なプロジェクト:学校のプロジェクトや実習を通じて、実際の業務に近い経験を積むことが可能です。
  • プロのメンターシップ:経験豊富な講師から直接学び、個別のフィードバックを受けることができます。
  • キャリアサポート:多くのスクールでは、就職活動のサポートや業界ネットワークの提供も行っています。

おすすめのUIUXデザインスクール

UIデザイナーとしてのキャリアを目指す場合、独学も一つの方法ですが、スクールでの学習はより効果的なスタートを切るための強力なサポートとなります。スクールで学ぶことにより、基礎知識の確実な習得、実践的なスキルの向上、そして業界へのスムーズな進出が期待できます。

教育訓練給付制度を利用できるWEBデザインスクール

一定の条件を満たす雇用保険の被保険者、または被保険者であった方が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、学費の70%(最大56万円)が支給されるという、非常に少ない自己負担でITスキル標準(ITSS)レベル4相当以上という、非常に高度なスキルを習得することができます。

タイトルとURLをコピーしました