ウェブデザイン技能検定、ウェブ解析士認定試験らの資格について

学校によって力の入れ具合に差が出るウェブ系の検定について

資格をとりたいと考えている方は必見です。デザイナー系の検定について紹介しています。

TOP > WEBデザイナーになるためのミニ知識 > WEBデザイナーに必要な資格って?

WEBデザイナーに必要なウェブデザイン技能検定、ウェブ解析士認定試験とは?

WEBデザイナーに必要な検定試験とは?

ウェブデザイナーになるために、事前に知っておいて欲しい情報をいくつかピックアップして紹介しています。ここではウェブデザイナー検定について解説。
ウェブデザイナーに検定資格は必要かというと、私の考えでは必ずしも必要ではないと思います。私もスクールで検定資格は取りませんでした。
お金と時間をかけて勉強するわけですから、自分が何をしたいかをハッキリさせる必要はあると思います。転職するための即戦力を身につけたいのか、それともとりあえず検定資格を取りたいのか。会社によっても検定資格者を優遇することがあるかも知れません。ここではWeb関連の検定資格で有名どころをフォローアップしておきます。

ウェブデザイン技能検定、ウェブ解析士認定試験らを紹介

Web関連の資格は、本当にたくさんあります。ここでは多くのスクールがカリキュラムとして採用している検定試験とその内容について説明します。

ウェブデザイン技能検定

Web関連の知識スキルを証明できる、唯一の国家資格です。
関連国際規格等に基づき、ウェブデザインに関する知識・技能による実務能力を評価します。1~3級まであり、それぞれ筆記試験、実技試験があります。ウェブデザイン技能検定に合格すると、「ウェブデザイン技能士」を称することができます。
検定試験の内容は、インターネット概論、ウェブデザイン技術などの筆記試験と、ウェブサイト構築(ウェブサイトデザイン、ウェブサイト運用管理)に関する実技試験があります。

Webクリエイター能力認定試験

サーティファイが主催する民間資格試験です。Webページを制作するためのHTMLコーディング能力、デザイン能力など、Webサイトを構築するための能力を認定します。基礎能力を客観的に証明でき、Web資格としては知名度の高い人気資格です。
初級検定と上級検定があり、 HTML、CSSを正しく理解し、Webサイトのページデザインを行うことができる能力が問われます。

ウェブ解析士認定試験

日本Webデザイナーズ協会(JWDA)が認定する資格です。今はウェブデザイナーもサイトのアクセス解析やデータ分析から目標達成のための改善など、多くの能力が求められています。 このようにWebサイトの集客力アップなど、成果を上げるWebマーケティングスキルを証明する試験がWeb解析士認定試験です。
ウェブ解析士認定試験には、初級検定と上級検定があります。初級検定はウェブ解析による課題の発見方法と改善手段などを、特定のツールに依存しない形で「ウェブ解析の基礎」を身につけます。上級検定はデータに基づく計画立案、モバイルの測定、 ソーシャルメディアの効果検証など一般のウェブ解析だけにとどまらない多様なスキルを身につけます

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定機構が認定する検定資格です。PHPの専門技術取得能力を正当に評価できる検定試験で、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的としています。
初級と上級の検定があり、PHPの基礎から実践的内容までをフォローしているので、まったくの初心者がPHPをはじめるにはよい教材だと思います。

Photoshopクリエイター能力検定

サーティファイが主催する資格試験です。Photoshopといえば、ウェブデザインには欠かせないソフトウェア。こちらの検定では、そんなPhotoshopの活用スキルを客観的に認定してくれます。検定にはスタンダードとエキスパートの2種類があり、スタンダードは実技問題のみ、エキスパートは知識問題+実技問題の両面から技量を問われます。
画像編集に関する単純な知識やPhotoshopのテクニックについての確認にとどまらず、いかに臨機応変にニーズに即したコンテンツを作成できるかを重視した試験となっていますので、ウェブクリエイターとしての実践的なスキルを証明できる資格だといえるでしょう。

アドビ認定エキスパート(ACE)

アドビシステムズによって認定される資格です。Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどなど、アドビの製品にはウェブ制作と密接な関係にあるソフトウェアがたくさんあります。アドビ製品を使いこなすことは、ウェブデザイナーとしての最低限のスキルだといえるでしょう。
こちらのアドビ認定エキスパート(ACE)は、そんなアドビ製品についての専門的な知識があることをアドビ自ら認定してくれるものです。ソフトウェアごとに試験が行なわれており、1科目以上合格すれば認定を受けられます。もちろん複数製品の認定を受けることも可能ですから、多くのアドビ製品を使っている場合には多くの科目に挑戦してみてもよいでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定資格

エルビーアイジャパンが認定する資格です。つい最近までまだまだ新しい規格だと思われていたHTML5とCSS3も、今ではすっかりコーディングの世界標準。ウェブ制作の現場においては、HTML5とCSS3がわからなければ仕事になりません。HTML5プロフェッショナル認定資格は、そんなHTML5とCSS3に関する知識力および実践的な技術力を問う試験です。
2014年に誕生したばかりの資格ですが、すでに業界での評価は高く、この資格を持っているだけでウェブクリエイターとしての一定のスキルを証明することができるでしょう。比較的やさしいLevel1と上級者向けのLevel2の2種類の試験が用意されています。

資格だけではないデザインセンス

Webマーケティングの検定、PHPの検定の取得は有意義かな、とも思います。情報が勝負ですからね。ただWebデザインとなるとやっぱりデザインセンスや色彩感覚、Webコーディングの早さなど実際の仕事現場では「検定試験では証明できない部分」が問われます。
安心のために検定資格を取っておきたいと思うかも知れませんが、私の周りでも仕事の上で(採用で)検定資格を重要視するという人に会ったことはありません。

>>デザインセンスを磨くために、今できる事!

オススメの記事

WEBディレクター
WEBディレクターに就・転職!短期間で即戦力を身につける!

PR 東京デザインプレックス研究所

webデザイナー
WEBデザイナーの労働環境|気になる給料は?
プロアスリート
ウェブデザイナーに必要な能力|フリーランスになるには?
そのほかにもWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル

ウェブデザイナーの年収についてPAGE TOP