ウェブデザイナーの年収について

一般的なデザインナーの給料相場について

ピンきりはあると思いますが、ここでは誰もが気になるデザイナーのお給料について紹介していきます。

TOP > WEBデザイナーになるためのミニ知識 > デザイナーの気になる給料

ウェブデザイナーの気になる給料

ウェブデザイナーの気になる給料

ここでは、ウェブデザイナーの気になる給料、労働環境についてまとめます。
ウェブデザイナーと言っても、スキルは様々。なにをもってウェブデザイナーと名乗るかは、業界でもはっきりとした定義はありません。しかしスキルは給料と直結するので、スクールで課目を選ぶときに自分はどのくらいまでやりたいのか(どれくらいの給料をもらいたいのか)まで、よく吟味する必要があります。

ウェブデザイナーの平均年収は・・・

ざっくりウェブデザイナーの平均年収は、360万円(給料30万円)ほどと言われています。
この金額はある程度のデザインができて、サクサクとSEOを意識したコーディングができるくらいのレベルだと思います。タグ(HTML、CSS)が書けるだけなら20万円台でしょう。
Webデザインなら社内で作るだけでなく、外注するという手段もあります。工数と単価を計算すると、場合によっては社員に給料を払うより外注する方が安いこともあります。なので正社員として働く場合、外注さんより会社にメリットをもたらす何らかのスキルが求められます。
例えばクライアントのウケがいい(よく聞いて要望を反映できる)、ちょっとくらいはムリを聞いてくれる、自分から便利なツールなどを提案できる、などです。
また、自分給料単価を上げるにはスキルアップは必須です。スマホもやる、WordPressを使っていろんな機能をアドオンできる、Flashがバリバリできる、JavaScriptもできるとなってくると年収400~500万円以上の給料が望めます。
今求められているWebデザイナーはマルチな能力を持っていることが重要視されるのです。

ウェブデザイナーの労働環境

ウェブデザイナーの仕事は作り上げる楽しさもありますが、とにかくすることが多いです。終わりがないというか、どこまで凝ったものを作るかも悩ましいところです。
就職したてのころはクライアントに喜んでもらえるものを作ろうと、終電まで残って仕事をしていました。その仕事は高く評価してもらえましたが、体力的にはかなりキツかったです…。
慣れてくると、手も早くなります。CSSやプラグインソースも溜まってくるので、以前2時間かけていたものを5分でできるようになる、ということも。とにかくノウハウを蓄積して、自分の給料単価を上げることを目標にしました。
朝は比較的ゆっくりで、うちの会社は10時スタート。電車も異常なほどは混みません。制作系だと9:30、10:00出社という会社は多いです。
実はこの仕事に就いてから、スポーツジムで筋トレをはじめました。ずっとパソコンにはりついて仕事をしているので、めちゃくちゃ肩が凝る…。体力がつけば、仕事のモチベーションも上がります。私のまわりにも自転車通勤しているとか、水泳をしているとか、運動をしている同僚はけっこういますよ。

ウェブデザイナーはやりがいのある仕事

ウェブデザイナーの給料アップの可能性は、技術修得だけではありません。Webディレクター(平均給料470万円)、Webプロデューサー(平均給料550万円)という職種への転身です。これらはクライアントとの間に立って、納期、スケジュール、クオリティ、メンバー決定などトータルで責任をとる重要な役職です。
実は今までは技術のない人が(仕方なく?)ディレクター職について技術者に指示を出すことが多かったのですが、これからは何かの技術を持ったスペシャリストがそういう責任職に就いていくようになると思います。技術面で分からない人の指示では、不合理なことが多かったのです。
給料を上げる可能性は、いろいろと選べます。任されている仕事で手いっぱいになるのではなく、どんどん自分のキャパを広げて、会社と給料アップの交渉ができるように自分なりのプランを立てておきましょう。

海外のウェブデザイナーの年収

ウェブ業界の給料というと、「拘束時間が長いわりに安い!」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。金額だけを見ればそれなりだったとしても、専門技術職のわりにはあまりに待遇が悪すぎるという印象が強いかもしれません。

さて、それでは海外では、ウェブデザイナーの待遇はどのようになっているのでしょうか? ウェブデザインは国境を越えることが可能な仕事です。だからこそ、気になりますよね。 英語圏の各国のウェブデザイナーの年収事情を比較してみましょう。

  • アメリカ: 約780万円
  • イギリス: 約420万円
  • カナダ: 約580万円
  • オーストラリア: 約680万円
  • ニュージーランド: 約600万円

どうでしょうか? イメージどおりの結果でしたか? ちなみに、オーストラリアとニュージーランドの年収が高めなのは、チップ文化がない国だからという関係もあるようです。

現実的には、国によって物価も違いますし労働に対する文化も違いますし、会社員なのかフリーランスなのかによっても状況はまた大きく変わってきますから、このデータだけを見て一概に単純比較することは難しいところです。

しかし贔屓目に見ても、日本のウェブデザイナーが世界の平均よりも低賃金であることは間違いなさそうですね。

年収アップを狙うには

日本におけるウェブデザイナーの待遇が良くないのは事実です。ただし、これはあくまでも平均での数値に過ぎません。日本にいるウェブデザイナー全員が低賃金で働いているというわけではないでしょう。

では、高収入を得ているウェブデザイナーは、平均的なデザイナーと比べて何がどう違うのでしょうか?

結論からいえば、それはスキルの「幅」です。クライアント側にも予算と時間の制約がありますから、ディレクションやプログラミングなど幅広いスキルを持っているウェブデザイナーに仕事を任せることができれば、効率性は段違いです。はっきり言って、デザインと簡単なコーディングだけしかできないようなウェブデザイナーでは、高い収入を得ることはもうできません。

ウェブデザイナーは需要の大きい職業ですし、今後も必要とされ続けるでしょうが、需要にくらべて供給が大きすぎるという現実があります。数え切れないほどのウェブデザイナーがいる中で一歩抜け出そうとしたら、デザイン以外の部分のスキルや知識を磨くことが、差別化するための最短ルートだといえるでしょう。

>>スキルを上げて収入のいいデザイナーを目指してみる!

オススメの記事

WEBディレクター
WEBディレクターに就・転職!短期間で即戦力を身につける!

PR 東京デザインプレックス研究所

プロアスリート
ウェブデザイン検定資格|WEBデザイナーに必要な資格って?
プロアスリート
ウェブデザイナーに必要な能力|フリーランスになるには?
そのほかにもWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル

ウェブデザイナーの年収についてPAGE TOP