デザイン現場で求められている動的表現とは?Flashについて

効果を最大限に活かしてクライアントが満足する結果をだすためのFlashとは?

TOP > 動的な表現を学ぶなら

動的な表現を学ぶなら

動的な表現を学ぶなら

現場で求められる動的な表現とは?

動的な表現を学ぶなら

これからjQueryを習得すべきかどうか

今や静的なページのみというのは殆ど存在しなくなっていますので、Webサイトやアプリに携わるのであれば、必須の入門スキルと言えるでしょう。
jQueryは、最も普及しているJavaScriptライブラリの一つですが、JavaScriptよりも容易で初心者に向いています。プログラミングなどの経験が無い方や女性でも敷居が低く始めやすいのが特徴でもあります。

Webサイトだけではなく、デザイン・アニメーション・フロントエンドとWebサービスを作る上でも便利なので、ぜひこれから習得してみてください!

jQueryができること

HTML・CSSだけでは実現できない、動的な変化を実装できます。簡単な記述のコードでプラグインを指定でき、例えばよく見るスライダーやアニメーション・ロールオーバー・レイアウトを変える事などもできます。つまり、目的のプラグインを見つければ、容易に実装することができるのです。

しかもjQueryのプラグインは、フリーで利用できる点も素晴らしく、人気が高い理由でもあります。
最近は、スクールでもカリキュラムに含まれているところも多いので、記述して試してみてどんどん習得してみてください! HTMLだけのコーディングやCSSだけではなく、こうしたjQueryを連携させる事により、動きや機能を実現することができるので、ちょっと差を付けるスキルにもなるでしょう。

jQueryの良い点

JavaScriptのライブラリとは、使う機能をパーツ化してとりまとめたものになります。Webサイトやアプリケーションの開発で、よく使う利用度の高いものがあらかじめ用意されて公開されているのです。
なので、記述も最小限で短いコードで実装できるので、我々開発者にとっては便利で有難い!
命令文が既に用意されているので、こう記述したら→それを呼び出す事ができ→こう動く..のステップで、初心者の方でも動きが目で見えて分かりやすく習得しやすいのです。

この様に、目的の要素に適用させる為に使うjQueryですが、特に素晴らしいのは何といってもブラウザの互換性なのです! 各ブラウザが提供しているDOMなどのAPIを、一つのメソッドにまとめてくれたので、ブラウザによる差異が無くなったのです。また、サーバーとクライアント間の通信を、ページの転移を行わないでもできるようになったのも、Web開発の革命でもあり大きな変革ともなりました。

これだけは身につけておくべし!
jQueryをコンバージョンに結びつける

くれぐれも、インパクトのあるサイトが良い=売れるという事ではありません。
また、自己満足やクライアントが気に入ったサイトが、必ずしもコンシューマーの使いやすい(商品を購入してもらいやすい)サイトとは限りませんので、この点は留意しておきましょう。
課題となるのは、我々のjQueryの目的と使い方です。jQueryをうまく取り入れて、より良いサービスの紹介や提供・商品購入に繋げる橋渡しをして、双方にとって利益をもたらす事です。

例えば、カラーコーディネートの提案の場合、インテリアのカラーバリエーションをサイト上で瞬時に選択できれば、ユーザーは購入する為に視覚的にすぐにイメージしやすくなります。この様に、クライアントとサイトを訪れる利用者双方へ、動き・色・音など、jQueryだからできる事でコンバージョンに繋げる最適な提案をする事は、これからもっと進化の中で増々求められて行くでしょう。

>>東京デザインプレックスでAjax(jQuery)」なども学べるWebデザイナーを目指す!

そのほかにWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル
参考になる本やサイト
HTML5を使ったクリエイティブなWebサイトデザイン35個まとめ

HTML5を使ったクリエイティブなWebサイトデザイン35個まとめ

CHECK!

PAGE TOP