デザイン現場で求められている動的表現とは?Flashについて

効果を最大限に活かしてクライアントが満足する結果をだすためのFlashとは?

TOP > 動的な表現を学ぶなら

動的な表現を学ぶなら

動的な表現を学ぶなら

現場で求められる動的な表現とは?

動的な表現を学ぶなら

これからFlashを修得すべきかどうか

結論として私はFlashを勉強しましたし、やっててよかったスキルのひとつです。
しかしFlashについてどう考えるかは、正直「人による」でしょうか。HTML5が台頭し「もうFlashはいらない」なんて記事もよく目にします。iPhoneで採用されなかったのは痛かったですね。HTML5以前から、Flashはユーザビリティの悪者とも言われてきたのも事実です。
ダイナミックな表現に必要不可欠なFlash。ここでは、FlashやHTMLなどを活かしたサイト制作について紹介していきます。Flashの悪い点、よい点、そしてFlashクリエイターとしてすべきことをまとめてみたいと思います。

Flashの悪い点

「すげ~」「かっこいい~」と、視覚的インパクトを与えてくれるFlashですが、その一方で「ロードが長くてイライラする」「動き過ぎて、どこをクリックしたよいのか分からない」「英語表示で(ビジュアルを重視している)ピンとこない」「文字が小さくて(これもビジュアル重視)で、コンテンツが読みにくい」「マウスに何かまとわりついてきてウザイ」など、誰もが経験したことではないでしょうか。
この不快感で、ユーザーはサイトをスキップしてしまいます。どんなにそのサイトがクールでも、これでは商用サイトとしては落第です。これがユーザーの視点です。
逆にクライアント(サイトのオーナー)はどう感じるかというと、「インパクトがある」「凝っている」「美しい」などFlashを高く評価します。
プレゼンする側も動きのあるリッチコンテンツの方が見栄えがして、クライアントに訴求しやすいというのが本音です。
しかし訴求すべきはクライアントではなく、エンドユーザーであるコンシューマーであることを忘れてはいけません。

Flashのよい点

では、Flashのアイデンティティとは?
HTML5について言うと、もちろんこれから伸びるので絶対に勉強したいスキルです。ただ、HTML5は発展途上。皆がさまざまな視覚効果を試しているところで、Flashとまったく同じような自由な動きを再現できているかというと、まだその域まで達していないと思います。HTML5で作ったサイトを見ても「これだけ?」ともの足りなさを感じることも。HTML5は、複雑な動きが苦手です。やっぱりここはダイナミックなFlashに任せた方がいいでしょう。
実情でいうと、納期の決まったサイトでのんびりとHTML5を試している余裕はありません。(もちろん自分で試して勉強は必要です)Flashは、現場ではまだまだなくてはならないソフトのひとつです。
そして忘れてはならないのがブラウザ対応。Flashはプラグインしているので、どんなブラウザでも動きますが、HTML5はこの点でデザイナー泣かせとなるでしょう。

これだけは身につけておくべし!
Flashをコンバージョンに結びつける

課題となるのは、Flashの使い方です。最初にも述べたように、クライアントのウケがよいサイトが必ずしもコンシューマーの使いやすい(商品を購入しやすい)サイトとは限りません。ま、クライアントが気に入ってくれさえすれば仕事として成立するのですが、ここは誠実さをもってあたりましょう。
Flashを商品購入につなげることです。例えば、カラーコーディネートの提案。インテリアのカラーバリエーションをサイト上で瞬時に選択できれば、ユーザーは購入するためにイメージしやすくなります。動き、色、音など、Flashだからできることをコンバージョンに結びつけて提案することは、これから必要になってくるのではないかと思います。クライアントも「インパクトのあるサイトが売れるとは限らない」ことに、そろそろ気づきはじめているかも知れません。

>>東京デザインプレックスでFlashの使いどころも含めて学べるWebデザイナーを目指す!

              
そのほかにWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル
参考になる本やサイト
Flash道場

Flash道場

CHECK!

Flashアニメーション制作バイブル

Flashアニメーション制作バイブル

CHECK!

HTML5を使ったクリエイティブなWebサイトデザイン35個まとめ

HTML5を使ったクリエイティブなWebサイトデザイン35個まとめ

CHECK!

PAGE TOP