コーディングの知識について

知っておいて損はない、デザイナーに必要なコーディングの知識について

過酷な仕事?コーディングの仕事内容について紹介していきます。

TOP > コーディングの知識を身につけるなら

コーディングの知識を身につけるなら

コーディングの知識を身につけるなら

WEBデザイナーに求められるコーディングの知識とは?

コーディングの知識を身につけるなら

HTMLとCSS をゼロからはじめるなら

Webサイトのコーディングとは、HTMLとCSSを書くこと。これを避けては通れません。大雑把にいうとHTML はコンテンツを書くところ、CSSはそのコンテンツの配置、フォント、文字サイズ、色などを指定するところ、といった感じでしょうか。同じ動き(例えば文字サイズを変える、色を指定する)をHTMLとCSSのどちらでも実現できますが、CSSにまとめてシャープなコーディングを心がけましょう。
といってもまったくコード(タグ)を見たことがない人は、イメージつかないかも知れませんが、とにかくコーディングは慣れです。たくさん見ること、勉強すること、実際にやってみることです。そうしていくうちにだんだんとタグが見えてきます。最初は、教科書の通りにただコーディングするだけで、十分に意味を理解していないかも知れません。それでもどんどんコーディングしてください。「分かった!」と、しっくりと納得できるタイミングが来るはずです。
ウェブデザイナーとして身につけておくべきコーディングのスキルとはどのようなものか、徹底的に紹介していきます。

再利用できるスマートなコーディングを

Webの仕事をするうえで大切なのは、再利用できるスマートなコーディングです。自分のCSSをどんどん貯めていきましょう。
「ウェブデザイナーと美容師にはなるな」と言われるように、正直Webコーディングの仕事は過酷です。レイアウトする、素材を作って加工する、イラストを描く、ときにはクライアントと打ち合わせをする…そしてもちろんコーディング。いくら時間があっても足りません。
スピードとクオリティが求められる現場では、今までの蓄積がモノを言うのです。
コーディングをパターン化していけば応用でき、ググッて調べたり、考えたりする時間を短縮できます。クライアントと打ち合わせをしている最中もこのコーディングパターンが頭にあればニーズに合せた提案ができ、実際の作業も効率よくできます。
自分の単価を上げるには、コーディングスピードを上げること、これに尽きると思います。

>>デザイン以外の指導も受けられる東京デザインプレックス研究所!

コーディングの知識、これだけは身につけておくべし!
Adobe Dreamweaverをマスターする

Webサイトをコーディングするのに便利なソフトがDreamweaverです。これも学生のうちにアカデミック版を入手しましょう。
Dreamweaver はWebサイトを構築するための標準的なソフトで、必須となります。簡単な機能でいうとリンクを貼ったり、画像を挿入したりを自動でできます。
Dreamweaver CS5.5になるとパソコンだけでなく、スマホやその他のタブレットにも対応しています。モバイル用のテンプレートもあり、作業のスピードアップには欠かせません。Webのコーディングをするなら必ず使うものなので、外すことはないと思いますが…。

WordPressのスキル

Webサイトを構築するときのひとつの選択肢として、WordPressの採用があります。これはCMSといってブログを更新するようにコンテンツを書きこめる、とても便利なシステムです。クライアントが「自分でサイトを更新したい」ときなどにも提案します。
デザインテンプレートも豊富で便利な機能を追加できるプラグインが充実しているので、サイトをイチから作るよりサクサク進められるデザイナーの味方です。
しかし「ブログ更新みたいにできるから~」と安易な考えでは、WordPressは使いこなせません。HTMLやCSSが理解できることは必須ですし、より使いやすいCMSとしてブラッシュアップするにはPHPなどのスプリクト言語のコーディングが理解できないといけません。便利そうで、実は初心者向けのシステムではないんです。
WordPressの修得は+αのスキルとしてオイシイことは間違いありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。

コーディングを気軽に学べる無料ウェブサービス

学校以外でコーディングを基礎からきっちり学ぼうとすると、一昔前までは書籍に頼るしか方法がありませんでした。

しかしウェブのトレンドは日々どんどん移り変わってゆくもの。書籍で得られる知識はたしかに信頼性こそ高いですが、発行から2年も経てば時代遅れなものになってしまいがちです。また、文章での説明では理解しづらい部分もあるでしょう。

そこで活用したいのが、ウェブサービスを利用する方法です。ウェブ学習であれば書籍と違ってインタラクティブな勉強ができますから、独学にも向いていますし、専門学校に通っている人が知識をより深めようという場合にも活躍してくれるでしょう。

ここでは、無料で学ぶことのできる代表的なサービスをいくつかご紹介します。

CODEPREP

http://codeprep.jp/

CODEPREPは、なんといっても親切設計なのが魅力です。

トップページには「はじめてのHTML」「はじめてのCSS」「はじめてのJavaScript」と3つ並んでいて、まさしく初心者がゼロからコーディングを学ぶためのオンラインサービスだといえるでしょう。また、カテゴリ分けも細かくなされているため、中級者以上の人が特定のスキルを身につきたい場合にも役立ってくれるでしょう。

実際に頭と手を使ってプログラムコードを記述しながら学んでいきますから、身につきやすいというのも実践的に学びたい人にとってはありがたいポイントです。

Schoo

https://schoo.jp/guest

Schooは、20万人以上の会員が登録している大手オンライン学習サイトです。TOEIC対策からコミュニケーション術までさまざまなジャンルの講座を開いているのが特徴で、もちろんウェブ制作に関する講座も充実しています。

コーディング、プログラミング、ウェブデザインとそれぞれの分野でしっかりとした授業が行われていますから、ウェブ制作に関するあらゆるスキルをこのサイトだけで一挙に身につけることも可能でしょう。

Progate

https://prog-8.com/

肩肘を張らずにコーディングの基礎を学びたいという人にオススメなのが、こちらのProgate。

こちらのサイトでは、まるでゲームを進めていくかのように、段階的に要点をクリアしながら学習を進めていきますので、楽しみながら自然と実践的なコーディングを身につけることができます。

>>デザイン以外の指導も受けられる東京デザインプレックス研究所!

オススメの記事

WEBディレクター
WEBディレクターに就・転職!短期間で即戦力を身につける!

PR 東京デザインプレックス研究所

webデザイナー
WEBデザイナーの労働環境|気になる給料は?
プロアスリート
ウェブデザイナーに必要な能力|フリーランスになるには?
              
そのほかにWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル

PAGE TOP