講師からデザイン技術をあますところなく吸収できるのがマンツーマンのメリット!

ウェブデザイナーになるためにマンツーマン授業を通して身につくこととは?

マンツーマン授業とは?

マンツーマン授業とは?

マンツーマンの授業とは文字通り、一人の学生に対して一人の講師が教えてくれる授業です。
スクールに集まる学生のレベルは千差万別。みんなが一緒に学ぶには、差がありすぎるんです。講師も一方的に講義をしているだけでは、学生一人ひとりがどれくらい理解しているかを見てとることは不可能です。
大人数の授業だと講師の説明が分からなくてもスルーです。手を挙げて質問する人なんていません。マンツーマンの授業ならもちろんすぐ質問できるし、逆に講師の質問に答えられなくて「う~ん」と黙っているときこそ、詳しく回答してもらえます。

こんな人にオススメ
分かるまでとことん質問したいなら

マンツーマンの授業は、「疑問を残したくない」「分かるまで質問したい」という人にオススメです。学校は失敗するところです。そして分からなければいくら質問してもいいのが、学生です。だからマンツーマンの授業では、恥ずかしがらずにとにかく聞きましょう。

しっかり技術を身に付けたいなら

知っていることを講義されることほど苦痛なことはありません。私の場合は仕事をしながら転職準備のために通ったので限られた時間を使って勉強し、もちろん学費は自費でした。自分が学びたいところを確実にスキルアップしたい場合も、マンツーマンの授業は有意義です。

メリット
自分のレベルに合った内容

マンツーマンの授業のメリットは、自分のレベルに合せて教えてもらえることです。クラス制だと「そんなこと知ってるよ~」とか逆に「なに言ってるか全然わからない」ということもありますが、マンツーマンではそんなズレを経験することはありません。
マンツーマンでは他人と比べて自信を失うこともありません。授業は一度ついていけなくなると、そこからモチベーションをなくして受身になりがちです。仕事に活かせる技術を身に付けて卒業するためには、各ポイントを確実に体得することです。この点でもマンツーマンの授業にはメリットがあります。

忙しい人でもスケジュールを組みやすい

スケジュールを組みやすいのもマンツーマンのメリットです。仕事の都合でスクールに行けない日がありましたが、振替日にまた前回の続きからやればよかったのでフレキシブルに授業を組めるのもいいですね。

実際にはこんな感じ

実際にはこんな感じ

よく言われるようにWeb関連の仕事は、コミュニケーションスキルは必須です。とはいっても、誰もが人間関係が得意という訳ではありません。口下手でも、仕事が早くて重宝される人はたくさんいます。
マンツーマンの授業ではWebの現場の第一線で活躍する講師が一対一で教えてくれます。講師はそれぞれの技術のプロであり、教えるプロでもあります。いわば、コミュニケーションスキルでも卓越した人たちといっても過言ではありません。
ということで、彼らから技術だけでなくコミュニケーションスキルも学びましょう。学びたい姿勢さえあれば、うまく説明できなくても大丈夫です。講師はその意思を汲んで、一生懸命教えてくれるはずです。講師から「伝える力」を吸収することで、現場での仲間とのコミュニケーションや、クライアントへのプレゼンなどに活かすことができます。
就職について悩んでいるときもマンツーマンの場合、相談する関係ができているので話がスムーズです。

マンツーマン制を取り入れているスクールリスト

PAGE TOP