転職・就職したいなら実務研修は必須!Webスクールでの取り組みを紹介

ウェブデザイナーになるために実務研修の授業を通して身につくこととは?

実務研修とは?

実務研修とは?

実務研修とは、実際に作品(Webサイトなど)を作ってみる授業です。
企業に即戦力としてアピールしたいなら、この実務研修は必須と言えるでしょう。いくら技術がある、ソフトを使いこなせると訴えても、何も作ったことのない(完成させたことのない)人を即戦力として判断することは難しいものです。実際に作ってみると自分でも、ただの知識なのか使える技術なのかがハッキリと分かります。
実務研修をうたうスクールは多いですが、そのクオリティもぜひ確認しましょう。各スクールのサイトに卒業生の作品が掲載させているので、チェックは簡単です。ひとつの判断基準は、企業の要望を意識(反映)した商業サイトを制作しているかどうかです。作品サンプルが趣味の領域だったら、私はそこで学びたいとは思いません。実務研修で学生が作ったサイトを開いてデザイン、ユーザビリティなどを確認してみましょう。
またこの実務研修は「やったからいい」というものでもありません。作品のクオリティもそうですが、その制作の過程も重要だと思います。各スクールがどんな内容の実務研修を行っているかも要チェックです。
実務研修で作った作品はポートフォリオを飾る看板となりますが、ぜひ説得力のある作品を完成させて就職活動に臨みたいものです。

こんな人にオススメ
即戦力を身に付けたいなら

就職、特に転職のためにスキルを身に付け即戦力としてアピールしたいなら、実務研修の授業はオススメです。というか、必須です。
実務研修では立案、企画、素材制作、デザイン、コーディング、クライアントとの打ち合わせなど、実際の仕事現場と同じような経験ができるのが魅力です。実務研修では考えを形にする難しさ、楽しさを味わい、そして最終的にはその経験が大きな自信になってきます。

>>東京デザインプレックスで今必要とされているWebデザイナーを目指す!

メリット

仕事現場と同様の経験ができます。
プロとして現場で期待されるのは「自分で考え、自分から動く」こと。つまりスキルをどう生かすのかを考える応用力、対応力がとても重要です。
実務研修では現場で起こりうるトラブルを解決する、厳しいクライアントからの要求をクリアする、そしてもちろん学んだソフトやスキルを使って仕事をするなどの経験ができます。
就職活動でもっとも大切な「作品」を用意できることは、実務研修の大きなメリットです。Web関連の仕事の面接に作品を持たず手ぶらで行くことはできません。即戦力をアピールしたいならなおさらです。
そして実務研修の経験は実際の仕事現場で難しい状況にあっても、慌てることなく自信を持って対応できるベースとなります。

実務研修を取り入れているスクールリスト

PAGE TOP