気になっていたことを一挙ピックアップ!ウェブデザイナーになる前の予備知識集

ウェブデザイナーになる前に知っておいても損はないお役立ち情報です。

TOP > WEBデザイナーになるためのミニ知識

WEBデザイナーになるためのミニ知識

WEBデザイナーになるためのミニ知識

ウェブデザイナーになるために、事前に知っておいて欲しい情報をいくつかピックアップして紹介しています。
Webデザイナーになるために役立つかも、というミニ知識をまとめてみました。
「ウェブデザイナーの気になる給料」では、ウェブデザイナーのズバリ年収と、将来年収アップの可能性と方法を伝授します。「本当に必要?WEBデザイナー検定」は、現場で検定試験がどう評価されているかと、有名な検定試験をリストアップしました。「フリーランスになると…」では、SOHOのメリットと向く人、向かない人をリサーチ。「ウェブデザイナーの要チェックアイテム」では、(私の)タブレットの使い方と、気になるタブレットを一覧で紹介しています。

デザイナーの気になる給料

ウェブデザイナーと言っても、人によってスキルは様々。なにをもってウェブデザイナーかは、業界でもはっきりとした定義はありません。「私はウェブデザイナーです」と名乗ったもん勝ちみたいなところがあります。
Webデザイナーになるには、HTMLとCSSが書けるだけでは少し物足りません。
ウェブデザイナーとして高給をもらうには、PHPやスマホ、JavaScript、Flashなどのより高度な技術を身につけていることが必須です。
また違う可能性として、WebディレクターやWebプロデューサーといったより責任の重い職種に就いていく方向があります。
スキルは給料と直結するので、Webデザイナーになると決めてスクールで課目を選ぶときに自分はどのくらいまでやりたいのか(給料をもらいたいのか)まで、よく吟味する必要があります。

詳しく見てみる

WEBデザイナーに必要な資格って?

Webデザイナーになるために検定資格は必要かというと、私の考えでは必ずしも必要ではないと思います。私もスクールで検定資格は取りませんでした。
お金と時間をかけて勉強するわけですから、自分がWebデザイナーになるために何をするべきかを見極める必要があると思います。転職するための即戦力を身につけたいのか、それともとりあえず検定資格を取りたいのか。
マーケティング関連や、PHPなど言語の資格試験は取る意味があるかも知れません。ただWebデザインとなるとやっぱりデザインセンスや色彩感覚、Webコーディングの早さなど実際の仕事現場では検定試験では証明できない部分が問われます。会社によっても検定資格者を優遇することがあるかも知れませんが、私の周りではあまり聞きません。

詳しく見てみる

フリーランスになるには?

Webデザイナーになると、独立してフリーランスになる道もあります。Webデザインの仕事はコツコツと作っていくので、必ずしも出社する必要がない技術職です。フリーランスから法人化して会社を立ち上げる人もいますし、SOHO同士でチームを組んで仕事を回している人たちもいます。
通勤のない在宅での仕事、自由な時間、いいですよね。でも独立するには向いている人そそうでない人がいます。私もいつかSOHOで仕事をしたいという思いもありますが、正社員でいるメリットもあるのでそのあたりはじっくり検討です。
ただWebデザイナーになるのであれば、働き方の選択肢も増えるので、それを視野に入れてスクールのカリキュラムを選ぶとよいと思います。

詳しく見てみる

ウェブデザイナーの要チェックアイテム

タブレットは毎年進化して、パソコンとの境目が分からなくなりそうです。タブレットの定義もはっきりしませんが、5~10インチほどの画面タッチパネルのもで、気になる製品を集めてみました。
私はiPadを持っています。電子書籍を読んだり、音楽を聞いたり、ゲームをしたりと毎日、使っています。ただ、iPadを仕事に使ったことはありません。クライアント先でもプレゼンするなら、まだノートパソコンが便利です。タブレットのタッチパネルでテキストなどを入力するには少々使い勝手が悪いので…。
ただタブレットでWebサイトを見る人もいるので、小さめなディスプレイで実際どのように見えるのかを確認する必要があります。Webデザイナーになるなら1台は持っていた方がいいでしょう。

詳しく見てみる

PAGE TOP